実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • 主宰者:鶴泰拡ってどんなひと?

    ★月1万円~のサブスク型マンツーマン起業塾『日だまりAcademy』主宰
    ★戦略コンサルタント
    ★ライフビジネスプロデューサー
    鶴 泰拡



    私、鶴泰拡(ヒロ)は、「弱者の戦略(ランチェスター戦略)」の専門家で、月1万円~のサブスク型マンツーマン起業塾『日だまりAcademy』の主宰と、戦略コンサルタント・ライフビジネスプロデューサーとして活動しています。
    コンサルタント歴は36年。一部上場企業(10社)から個人事業の起業家(500名以上)まで、製造業・サービス業・小売業・卸売業など幅広い業種の経営者や個人起業家にコンサルティングを提供してきました。
    現在、個人事業の起業家様に対しては、自分の物語の主人公として想い通りに自在に生きることを応援し、ジブンらしさを損なわないための【ライフビジネス】という考え方を提唱しています。
    また、NPO法人シンフォニック・コミュニティの理事長として、世界中の夢の現実化をサポートすることを目指して活動しているという一面もあります。
  • 直近の講師・執筆は?

    【直近の講師・執筆等実績(例)】
    ■2013年 千葉市「小資金起業塾」「夢育相談」プロジェクトリーダー
    ■2013年 雑誌・アントレ「脱サラ直後の売上・どう作る?」単独コメンテーター
    ■2014年 山形県村山市「経営者育成セミナー」4回シリーズ単独講師
    ■2014年 品川区立 武蔵小山創業支援センター 専門アドバイザー就任
    ■2015年 「ウーマンズビジネスグランプリ」審査員
    ■2015年 品川区立 武蔵小山創業支援センター 「ムサコ起業いろは塾」講師(マーケティング)
    ■2015年 雑誌・企業診断「女性が自立した経営者になるヒント」執筆
    ■2015年 北区「起業セミナー」講師(マーケティング計画)
    ■2015年 品川区立 武蔵小山創業支援センター 「女性のための起業スクールMU★SAKO」講師(マーケティング)
    ■2019年 「ウーマンズビジネスグランプリ」審査員
  • どんな経験・ノウハウがあるの?

    ★コンサル歴36年間で、1兆円起業から月商数万円のひとり起業まで、様々なクライアント様を応援させて頂いてきました。

    ★業種も、製造業・卸売業・小売店・飲食店・サービス業と、幅広いジャンルに渡ります。

    ★ベースとなる戦略は、弱者の戦略=ランチェスター戦略です。

    ★起業サポートでは、このような経験を活かして、【女性✖弱者の起業】に特化してサポートさせて頂いてます。

     ★下記URLでは、【女性✖弱者の起業】に関して行ったセミナータイトル一覧をご覧いただけます。
    https://yumebiz-creation.com/yt-knowhow/
    ぼくが持っているノウハウ・スキルの一部としてご覧いただければ幸いです。


    ※日だまりAcademy-SALONメンバーに登録して頂けると、すべて自由にご視聴可能です。

  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

Site・SNS

ごあいさつ

実は、ぼくの父親は障がい者でした。
十代後半に結核を患い、その後何年も療養所で入院生活を送りました。
父親の背中は、手術の跡でフランケンシュタインのようでした。
曲がりなりにも普通の生活ができたのは、長男のぼくが生まれときから、三男が成人するまでの27年間だけ。
それ以外は、通院・入院が当たり前という人生でした。

そんな父は電気屋を営みながら、ほんとうに奇跡のような綱渡りを続けて、ぼくたち3人兄弟を育ててくれました。

もし、父親が会社勤めだったら?たぶん、体力的に付いていけず、途中でダメになっていたと思います。そうなっていたら、ぼく自身も、今とは違った人生になっていたと思います。
父が、電気屋(自営業)=雇われずに稼ぐ道を選んだから、今のぼくがあります。
だから、確信を持って言えるのです。

雇われずに稼ぐスキルには、どんなハンディキャップも乗り越える力がある。

ぼく自身も、25年間、ひとり事業者として生きてきました。
その経験を活かして。このスキルを伝えたい。

父の人生とぼくの人生の交差点が、この事業なのだと感じています。

魂を込めて取り組みますので、
ご参加、そして応援を、どうぞよろしくお願い致します。

2023年5月
鶴 泰拡